【雨の日コーデ】おしゃれに雨は関係ない!おすすめコーデ6選

thumbnail lifestyle

出掛ける予定があるけど、あいにくの雨予報…。

彼とのデートや友人との買い物など、おしゃれしようと思っていた日が雨予報で洋服に迷ってしまうという方いると思います。

天気は悪くてもやっぱり、おしゃれはしたい!

今回はそんな方のコーデ選びの手助けをする、私なりの合わせ方を紹介しますので参考にしてみてください。

 

雨の日におすすめのコーデって?

雨の日は雨のしぶきが足元に飛んで、洋服が汚れてしまうことありますよね。

せっかく出掛けているのに、洋服がドロで汚れてしまってはその後気になって楽しめなくなってしまいます。

靴はレインブーツや、雨をはじいてくれるようなものを履くという方もいると思いますが、洋服はカッパをずっと着ているわけにはいきません。

 

丈が長いパンツやスカートは裾が濡れてしまいやすいので、ミディアム丈のものを選ぶといいですよ。

いくつか実際に私が合わせたコーディネートを紹介していくので、お持ちのアイテムと照らし合わせながら考えてみてくださいね。

 

雨の日コーデのポイントはこちら▼

マキシ丈よりミディアム丈
ワイドパンツよりスキニー
フレアスカートよりタイトスカート

生地は厚めより薄め
洗濯に抵抗のないプチプラのお気に入りを見つける

雨の日:パンツコーデ

まずは、パンツを合わせたコーディネートを紹介します。

濡れても色が変わりにくい ブラックスキニー

 rain

まずはブラックで、シンプルな細身のスキニーを合わせたコーディネートです。

普段ワイドパンツが多いという方も、雨の日は眠っていたスキニーを履いてみてはいかがでしょうか。

ワイドパンツに比べて裾が足にピタッとフィットしているため、雨があたりにくく、濡れにくいです。

 

また、ブラックは濡れた時も色の変化が分かりにくいので、万が一大雨に降られてびちょびちょになっていても、自分は気持ち悪いですが、周りから見ると意外と分かりづらいですよ。

ストライプのテロテロパンツで濡れてもすぐ乾く

 rain

夏にピッタリなのが、テロテロした薄手の素材の柄パンツです。

まず、テロテロした薄い生地のパンツは雨で濡れてしまっても乾きやすく、梅雨のじめじめした時期でも涼しく快適。

そのため、雨だけでなく海や川など夏のレジャーの際にも重宝しますよ。

持ち運びもコンパクトで軽いので、旅行やレジャーの予備として1枚持っておくのにもぴったりです。

 

さらにが入っていると、無地より汚れも目立ちにくいので安心感あり◎

プチプラデニムで雨も怖くない

 rain

デニムに限りませんが、たくさん洗っても後悔しないようなプチプラのパンツやスカートもおすすめです。

最近ではプチプラで可愛いアイテムもたくさんあるので、普段はプチプラを持たないという方も雨の日に汚れても怖くないお気に入りのプチプラアイテムを見つけておくのもいいですよ。

 

たくさん洗うと縮んだり、色落ちしてしまうこともあるので、それぞれの素材をご確認ください。

 

ちなみに私が履いているこちらのデニムは、数年前にGUで2,000円程で購入したプチプラで、“汚れたら洗おう”精神で年中ガシガシ履いています。

そこまで汗もかいてなくて、汚れていないときは洗わずに、ファブリーズや、最近お気に入りのフランフランの「ルフティー ファブリック&ルームミスト ブラック」を“シュッシュッ”と吹き替えて乾かしていますよ。

ちなみに、楽天やAmazonで似たようなミストが売っていますが、フランフランの商品とは別物のようですので、ご注意くださいね。

 

雨の日:スカートコーデ

次にスカートコーデを紹介します。

カーキスカート×ニットカーディガンで秋コーデ

 rain

ミディアム丈のスカートは、雨が跳ねにくいのでおすすめです。

さらに秋冬には同じ丈のニットカーディガンを羽織ると、スカートが雨で濡れるが心配がないので安心です。

(スカートの代わりに、カーディガンが濡れてしまう可能性はあるのでご注意ください。)

 

タイトスカートで雨の日も安心

 rain

ひらひらした風で広がりやすいスカートだと、雨の日は濡れてしまいやすいですが、それに比べてタイトスカートは足にフィットしているため濡れにくいですよ。

このコーデで履いているブーツは防水ではないですが、タイトスカートはこのようにショートブーツを合わせるとバランスが取りやすいので、試してみてくださいね。

雨の日:ワンピースコーデ

最後に紹介するのはワンピースコーデです。

タイトキャミワンピで雨の日もおしゃれに

 rain

先程のタイトスカート同様に、身体にフィットするタイトめなキャミワンピースは濡れにくいので雨の日でもおすすめです。

キャミワンピに薄手のトップスをレイヤードすることで、おしゃれに着こなすことができますよ。

ワンピースの丈はマキシ丈より少しでも短いものを選んでくださいね。

雨の日もおしゃれを楽しもう

雨の日のコーディネートのイメージはできましたか?

お持ちのアイテムを工夫してコーディネートするだけで、雨の日でも濡れずにおしゃれを楽しむことができるので、ぜひ試してみてくださいね。

以下のポイントを頭に入れて、雨に負けず楽しみましょう!

マキシ丈よりミディアム丈
ワイドパンツよりスキニー
フレアスカートよりタイトスカート

生地は厚めより薄め
洗濯に抵抗のないプチプラのお気に入りを見つける

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

▼おしゃれが好きな方はこちらもチェック

404 NOT FOUND | aichm life
おしゃれな暮らしをしよう

 

タイトルとURLをコピーしました